最近の日記から

2003年  2004年  2005年   2006年  2007年  2008年   2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年

ホーム



2017

6月5日(月)

5月には7回の掃天を行ったが、月明や透明度の悪さから満足のいく掃天が出来た日がなかった。今日は月没が午前2:03で薄明開始は2: 35となっており、暗夜はわずかに30分ほどしかない。しかし、透明度はまずまずでようやく落ち着いて掃天ができそうである。ペガサスの四辺形の内外にあ る銀河は幾つ見えるだろうか。 


NGC7769, 7770, 7771。画像の幅は30’。
The Digitized Sky Survey copyright © 1994

午前1:55にペガサス座αのマルカブから掃天を開始した。観測地の標高が900m以上あるとはいえ、気温が4℃と低い。掃天開始後、間もなく1つ目の銀 河NGC7743(11.4等)が視野に入る。時々フクロウが鳴き、まだ薄明まで時間があることを知らせているかのようだ。薄明開始時に2つ目の銀河、 NGC7678(11.8等)を捕らえる。思ったほど多くの銀河が見えず、やや落胆していたが、2:49にNGC7769(12.0等)と7771 (12.1等)が視野に入る。スカイサファリ5プロではNGC7771のそばにもうひとつ、NGC7770(13.6等)が表示されている。意識してみる と、すぐにその存在が分かる。地平線高度20°にあるこれらの銀河が見えたことは嬉しいが、なぜ他の11等級の銀河を見逃したのか分からない。10等級の 銀河NGC7814でさえ見落としてしまった。おそらく低空でかつ視直径が小さいためだと思う。いつもこのような疑問を持ち、コメットシーカーの口径の割 には暗い天体を捕まえる「実力」が不足しているのではないかと思ったりする。

薄明開始から36分後、C/2015 ER61 パンスターズ彗星が視野に入る。8等くらいで尾も見えている。さらに掃天を続け、金星が視野に入ったところで終了した。フクロウに代わってカッコウが鳴き、清々しい。気温は2°まで下がっていた。


5月2日(火)、3日(水)

4月には3回の掃天を行ったが、とても忙しく、ホームページの更新は1日のみとなってしまった。理由のひとつは、4月21日から30日ま で、欧州地球惑星科学連合(EGU)大会に参加するため、オーストリアのウィーンに出張していたことである。彗星関連ではなく、仕事での出張である。


ウィーンのEGU会場

5月1日は時差ぼけ解消のための休暇を取り、夏期に使っている観測地の偵察に出かけた。あまり期待していなかったが、やはり雪解けはまだ先であった。標高 600m付近から先は雪で通行できない。観測地は標高962mなので、おそらく通行可能となるのは連休明けである。雪解けまでの観測地として、標高 575mを使うことにする。


標高575mの観測地付近。まだ残雪がある。2017年5月1日。

5月2日
午前1時に起きるつもりが、時差ぼけのせいで午前0時に目が覚める。もう眠れそうにないので、出かけることにする。午前1時には観測態勢が整うが、掃天の 前に明るい彗星を観望する。41Pタットル・ジャコビニ・クレサーク彗星は7等、DC=2と拡散気味で、尾は判然とせず長さ約0.1°で幅広である。 7x50の双眼鏡でも存在は分かる。C/2015 V1 ジョンソン彗星は6等、DC=4、美しい尾が0.7°も伸びている。7x50双眼鏡でも尾が伸びている様子が良くわかる。これらの光度は直感で決めた値 で、客観的ではない。

南東方向の空がとても明るいので、この光害を避けるために東方のアルタイルから掃天を開始する(午前1:20)。この光害の源は何だろう?どこかのスキー 場がまだ徹夜で営業でもしているのだろうか?いつもこの時期は南東が明るい。今回視野に入ってきた星雲・星団は、NGC6934、M2、NGC7006、 M15、そしてNGC7177で、NGC7177以外はすべて球状星団であった。NGC7177(11.2等)は薄明開始から15分後に地平線上から 39°の高さで捕らえている。しかし、やはり印象的だったのは、C/2015 V1 ジョンソン彗星が掃天中に視野に入ってきたことである。すぐにそれと分かったが、彗星を捕らえると、それが既知のものであっても何か心ときめくものがあ る。

掃天中には頻繁に美しい二重星に出くわすが、名前を確認しないことが多い。今回気になったものは、いるか座ガンマであった。主星は黄金、伴星はくすんだ黄 金にみえたが、家に帰ってネットで調べると伴星は薄い青となっている。主星の黄金はコンサートを聴きに行ったウィーン楽友協会、黄金のホールの輝きと同じ に見えた。この星はもう何年間、この輝きを放っているのだろう。それと比べると黄金のホールの寿命は、わずかな瞬間にすぎないだろう。


ウィーン楽友協会、黄金のホール

5月3日
昨日に引き続いて掃天を行う。午前1:50、昨日最後に捕らえたNGC7177から開始したが、透明度が悪くこの銀河は淡いシミのようにしか見えない。途 中、はくちょう座の網状星雲を捕らえる。昨年、接眼部にフィルター・スライダーを取り付け、IDAS LPS-P2、Lumicon Comet、Lumicon OIIIの各フィルターが装備してある。星雲は透明度が悪いので良く見えないが、Comet、またはOIIIフィルターを通して見ると劇的にコントラスト が向上し、とても美しい。


NGC7311(中央上)とステファンの五つ子(右下)。
The Digitized Sky Survey copyright © 1994

今日の主な掃天域であるペガサス座には数多くの銀河があるのだが、掃天を開始したNGC7177以外に捕らえたのはNGC7217と7331のみであっ た。NGC7331は薄明開始から10分後に視野に入ったが、その近くにあるステファンの五つ子は意識して何とか見える程度であった。掃天の後半は透明度 が次第に悪化し、モヤがかかっていた。金星が東の地平線に昇るころ、今日の掃天を終えた。


4月1日(土)

3月4日(土)に掃天を行って以来、明け方にはまったく晴れない。晴を期待して明け方に起きた日も2日あったが、結局曇りであった。

3月はスキーと軽いハイキング(とは言っても雪山だが)に出かけた。スキーは自宅から車で15分ほどの上越国際スキー場。自宅から近いスキーのひとつである。頂上付近は氷点下で比較的雪質も良いが、下部はザラメ雪となっていてとても重い雪で、人もまばらであった。


上越国際スキー場の頂上。この日は朝のうち雪が降っていた。

ハイキングはいつもの坂戸山(37.059034N, 138.898435E )である。自宅から登山口の駐車場(標高165m)まで車で約30分、登山口から頂上(634m)まで、私の場合50分程度(夏は40分)かかる。積雪は 民家が多くある登山口付近で自宅と同じ約1m、山頂付近では約2mであった(3月20日)。


坂戸山頂上へ。この日、午前中は曇りであった。
 
下山後、坂戸山と民家が池の水面に美しく映っている光景に出くわした。ヨーロッパのような清々しさである。増光中の41P タットル・ジャコビニ・クレサック彗星はもう1ヶ月も見ていない。C/2017 E4 ラブジョイ彗星もC/2017 E1 ボリソフ彗星もまだ見ていない。今月の好天に期待したい。


坂戸山(中央上のピーク)



2月28日(火)、3月1日(水)、3月4日(土)


この5日間のうち、3日間も明け方に晴れの日があった。この季節にこれだけの晴天日があるのは珍しい。

2月28日(火)
気温-7℃と、この冬の掃天ではいちばんの冷え込みとなった。
掃天を始める前に、45P本田・ムルコス・パジュサコバ、41Pタットル・ジャコビニ・クレサック、C/2015 V2 ジョンソンの各彗星を観望した。45Pと41Pは今回の回帰では初見である。45Pは極めて拡散しており、やや空が悪い条件下で見たM33のようである。 良く見ると約0.6°の尾が西に伸びている。直感で8等、DC=0、視直径 >10’と見積もった。41Pは11等で尾も見える。C/2015 V2は1月7日に見たときよりも尾が開いており、11等と見積もった。どれも個性的な形状をしており、面白い。


本田・ムルコス・パジュサコバ彗星、C/2015 V2 ジョンソン彗星、41Pタットル・ジャコビニ・クレサック彗星、C/2015 ER61 パンスターズ彗星のイメージ。帰宅後、記憶に基づいて描いたもの。

M4から掃天を開始し、合計18個の球状星団を捕らえた。NGC6325はカタログでは10.5等、視直径4’ではあるが、見た目には12等、1’ほどで 見落としそうなイメージであった。薄明開始の後、C/2015 ER61 パンスターズ彗星にコメットシーカーを向けた。この彗星は1月22日に見たが、その時はフィルターなしでは見えず、コメットフィルターを装着して何とか見えた。この後、約10分間に3個の球状星団を捕らえて午前5:18に掃天を終了した。最後に捕らえた球状星団は土星の近くのNGC6401であったが、土星は掃天範囲外となった。

3月1日(水)
昨日に続いて-6℃と冷え込みが厳しい。昨日の掃天域と少しオーバーラップする形で、へびつかい座η星から掃天を開始した。M9を捕らえたとき、スカイサ ファリ5プロの星図で見ると、すぐ脇に暗黒星雲があることに気づいた。改めて視野を覗くと左右でバックの星の数が大幅に違い、納得する。


へびつかい座の球状星団M9。右下に暗黒星雲が広がっている。画像の幅は1°。
The Digitized Sky Survey copyright © 1994


いて座の散光星雲、 NGC6595。画像の幅は15’。
The Digitized Sky Survey copyright © 1994

散光星雲NGC6595は、二重星の周りにわずかに光の染みがあることに気づいて、捕らえることができた。薄明の中でM22、M17といった見栄えのする星雲・星団が華々しい星野をバックに視野を横切る。実に楽しい眺めの中で掃天を完了した。

3月4日(土)
いつもの観測地では、週末には南東方向の光害が著しくなる。約18km離れた神立高原スキー場がオールナイト営業を行うためである。


神立高原スキー場のオールナイト営業の宣伝。同スキー場のホームページより

営業は午前4時までだが、4時を過ぎてもスキー場の方向は異様な明るさのままである。このスキー場は破産による経営者の交代が何度かあり、一時閉鎖された こともあった。今はオールナイト営業を売りにしているようであるが、私にはとても迷惑なことである。今日はこの光害を避けるべく、いつもとは違う観測場所 に出かけた。いつもの観測地では南東にある光害が、観測地の変更によって南南東になる。

3日前の掃天域と少しオーバーラップするように、M17から掃天を始める。しかし、10分ほどして、やはりスキー場の光害の影響は避けられず、視野が明る いために、やる気をそがれてしまった。気を取り直してコメットシーカーを光害の少ない東寄りに向け、掃天を再開する。球状星団NGC6760と2つの惑星 状星雲、NGC6781、6804が視野に入った。NGC6781は11等級で視直径2’の見応えのある星雲であるが、NGC6401は12等、視直径は 0.5’しかない。97倍なので見えたのだが、以前に使っていた68倍、または78倍の倍率では見落としていたはずである。 

積雪期には、雪明かりに加えて強烈なスキー場の光害が空を汚染する。雪で標高の高い観測地に行けないことで、さらに条件が悪化する。雪解けが待ち遠しい。


2月5日(日)

午前2:10に観測地に到着した。気温は-2℃と、それほど寒くはない。このためか、透明度は劣っていて東天に昇り始めたサソリ座の輝きは、何とも弱々しい。スキー場の光害がサソリをさらに弱らせているように見える。

1月20日の掃天では透明度がとても悪く、月明がそれに拍車を掛けていた。さらに、雲も多くて落ち着いた掃天はできなかった。1月22日の掃天では、次第 に風が強まり地吹雪となったため、50分間で掃天を中止した。地吹雪とは雪面の雪が風で飛ばされる現象である。この日はコメットシーカー撤収時に主鏡に 100個以上の雪粒が付いた。気温は-6℃なので雪粒が融けることはなく、レンズ掃除用のゴム製ブロアで少し飛ばすこともできた。しかし、あまりにも雪粒 の数が多かったので、途中であきらめて自然に昇華蒸発させることにした。程度の差はあるが、一冬に一度くらいはこのようなことが起きる。


地吹雪。晴れていても雪粒が吹き飛ばされ、視界が悪くなる。
© Copyright William Starkey http://www.geograph.org.uk/photo/2182100

今日も1月20日と同様に透明度が良くないが、雲は少なめであった。南東方向のスキー場の光害を避け、3:55に南天のケンタウルス座θ星から掃天を開始 した。透明度は時間とともにさらに悪化して、視野内のコントラストが悪い。4:34に天秤座の11等級の銀河、NGC5728を捕らえたが、バックが明る くて見逃しそうなイメージであった。ところが、4:50ごろから急に透明度が良くなり、東天に立ち上がったサソリ座も、実に生き生きとした輝きを放ってい た。しかも、この透明度の変化はわずか2〜3分の間に起こり、どこか別の観測地に移動したのかと錯覚するほどの違いだった。


天秤座の銀河ペア、NGC5898(右)とNGC5903。画像の幅は15'。
The Digitized Sky Survey copyright © 1994

その後、視野に入ってきた星雲・星団は、NGC5834(球状星団), 5898と5903のペア(銀河), 5897(球状星団), 5986(球状星団), 6072(惑星状星雲), M80, M4であった。これらは11等以上の明るいものばかりで、天秤座にたくさんある12等級またはそれより暗い銀河はひとつも捕らえていない。積雪期の観測地 は標高425mで、無積雪期の960mよりもかなり低く、しかも冬は雪明かりとスキー場の光害のためにさらに極限等級が悪くなっている。


週間天気予報 気象庁のホームページより
http://www.jma.go.jp/jp/week/323.html

1月と2月は毎月2日も観測できれば良い方で、今日は冬期としては満足な掃天であった。これからの一週間、また悪天が続きそうである。



1月7日(土)、8日(日)

7日
ある天気予報では晴れ、別の予報では曇りとなっていた。晴れを信じて明け方に起きるが、完全な曇りで星はまったく見えていない。しかし、夜明けまでには晴れると期待して、掃天に出かける。

午前3:05に観測地に着くと、わずかながら雲が切れて星が見えている。気温はマイナス6℃で、服装を整えるなどの準備に手間取る。3:50、45分もか かってようやく掃天できる体勢となったが、Nexus DSC(ナビゲーター)を動作させるための基準星が雲に隠されて見えない。3:55にスピカとアークトゥルスが見え、何とかNexus DSC のセットアップが終わった。雲は全天の9割を覆っているが、南東から南の低空、5°〜20°に帯状の雲の切れ間があり、ここを掃天する。ケンタウルス座の 10等級の銀河、IC4296を捕らえるが、この付近の他の銀河は絶えず移動している薄雲のために見えない。20分ほどでこの方角は雲に覆われ、東に 10°ほどの場所から掃天を続ける。


おとめ座の相互作用銀河、NGC5426(下)と5427。画像の幅は15’。
The Digitized Sky Survey copyright © 1994

午前5:06、おとめ座の相互作用銀河、NGC5426(12.1等)、5427(11.4等)のペアを捕らえる。これらはいずれも渦巻き銀河であるが、 その渦巻き構造は見えていなかった。もっと高度が上がれば見えるかもしれない。雲量は時間と伴に減少したが、6割を下回ることはなかった。コメットシー カーを高度約40°から地平線に向かって下げていくが、その間、晴れ間は半分以下しかないのである。
 
しばらく掃天を中断して、C/2015 V1 ジョンソン彗星を観望する。この彗星は今回が初見である。11等で2’の尾があり、いかにも彗星らしい美しい形をしている。5:30にはC/2016 U1 ネオワイズ彗星を観望する。高度わずか5°の超低空にあるが、7等と明るく1’の短い尾が見える。この彗星は11月25日に13等、視直径2’で見て以来 の観望で、驚くほど明るくなっている。この彗星を観望したあと、5:55に2時間に及ぶ掃天を終えた。

8日
昨日とは打って変わって、雲ひとつない快晴である。しかし、透明度が悪くC/2015 V1 ジョンソン彗星は昨日から1等級暗くなったようなイメージでしか見えない。実際は同じ光度を保っているはずであるが。      

苗場方面にあるスキー場の光害は、昨 日はあまり目立たなかった。しかし、今日はエアロゾル(透明度悪化の原因である大気中の微粒子)によって増幅され、東天全体が明るくなっている。この南東 方向の光害を避けてM5から掃天を始める。10分ほどして視野内のコントラストを上げたくなり、IDAS LPS-P2 光害カットフィルターを装着して掃天する。捕らえた星雲・星団はM12、M10、M14のみで、掃天範囲にある11等級の銀河はひとつも見えなかった。

薄明開始後、C/2016 U1 ネオワイズ彗星を観望するが、昨日と比較するとやはり見劣りする暗いイメージであった。とはいえ、例年、1月は悪天が多く1日も掃天できないことはよくある。すでに2日も掃天できたことは幸運である。



このページのトップへ

ホーム