最近の日記から

2003年  2004年  2005年   2006年  2007年  2008年   2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

ホーム



2018

6月25日(月)

久々の梅雨の晴れ間で、期待して観測地に向かった。しかし、途中で霧が出てきて観測地付近も霧で覆われているようだ。それでもとにかく行ってみるしかない。観測地に着くと少し霧が晴れてきたので、迷わずコメットシーカーを組み立てる。

満月前の月が西にあり、明るく周囲を照らしている。月没は午前3:01で薄明開始は3:27。わずか26分間の暗夜である。2:45にアンドロメダ座αを 視野に入れ、ここから掃天を開始した。月が西に傾くにつれて次第に視野が暗くなる。低空は霧が立ちこめているものの、高高度ではまずまずの透明度である。 いくつかの銀河が捕らえられることを期待していたが、月没から15分ほど経っても銀河がひとつも見えない。

薄明開始時刻の3:27に突然幾つもの銀河が視野に入る。NGC379、380、383、385、403の5個は簡単に確認できた。SkySafari 6 Proを参照すると他にも見えているようだったが、明らかに彗星ではないので時間を惜しんで掃天を続けることにする。


NGC383(12.2等)を中心とする魚座の銀河団。幾つもの銀河が恒星状で見えていたと思われるが、NGC番号を表記した銀河のみをデジタル星図で同定した。その中でいちばん暗いのはNGC385で13.0等。画像の幅は60’。
The Digitized Sky Survey copyright © 1994

その4分後、M33が視野の中心に入り、素晴らしい渦巻きを見せてくれる。その数分後、今度はNGC499、507のペアが入ってくる。これらはそれぞれ 12.2等と11.3等である。掃天域には他にももっと明るい銀河があるはずだが、なぜか見えなかった。今日、M33以外に見た銀河は多分初見であり、そ れだけでなぜか満足を得ることができた。


6月24日(日)

先週末、石垣島で開催された第48回彗星会議に参加した。敢えて新月の時期の開催で、主催者は暗い空での星空を見せたいとの意図があったよ うである。新潟に住んでいたときは、新月の時期に参加することをためらった。熊本に引っ越して晴れの日が多く、「晴れの日の価値」が下がったこともあり、 今回は参加した。あいにく台風の接近で星空はわずかに見えたのみであった。

彗星会議が始まる前に105cm望遠用を見学するため、石垣島天文台に向かった。ところが、天文台は留守であった。電話をかけてみると、台風の影響で休館 しているとのこと。天文台へ向かう林道が倒木や土砂崩れのために危険なことがあるためである。林道は問題なく通れたのだが、仕方なく引き返した。


石垣島天文台

最近は昔と違って会議に参加するコメットハンターがかなり少ない。そんな中、4個の新彗星を発見した多胡昭彦さんが神戸から参加された。岡山県で天文活動 をされてきたが、高齢のため現在は娘さんがおられる神戸に住んでいるとのことであった。新天体の捜索はもう行っていないそうである。
多胡さんが前回彗星会議に参加されたのは1977年とのことで、それは私が最初に参加した彗星会議であった。そのときは多胡さん以外にも、本田実さんなど多数の彗星発見者が参加されていたことを覚えている。


多胡昭彦さん(右)と私

6月13日に掃天を行った。今月は梅雨なのでほとんど晴れないが、13日は熊本に来てからいちばんの晴れとなった。C/2016 M1パンスターズ彗星は9等で尾が見えている。この彗星を観望した後、ペガサス座θから掃天を開始し、NGC7723、7600など9個の銀河と惑星状星 雲NGC246を捕らえた。低空10度以下には雲があったものの、掃天を行うには十分シーイングもよく、この季節としては満足な条件であった。気温は 10℃であったが、職場付近の日中の最高気温は30℃を超えた。観測地が高標高の内陸のため気温変化が大きく、体調管理には注意が必要である。



5月24日(木)

熊本県に引越して6回目の掃天である。私が住んでいる熊本県大津町は職場のある熊本市の中心部から直線距離で約18q離れている。阿蘇山頂(1592m)までの直線距離も約18qであり、仕事と観測の両立を考えると、大津町は大変好都合である。


熊本市、自宅、2箇所の観測地の位置関係。阿蘇中岳の火口、大観峰の位置も示した(下記の写真参照)。


噴煙を上げる阿蘇中岳の火口をバックに撮った写真。活動が活発になると、立ち入りが規制される。

観測地は阿蘇山頂ではなく、外輪山の2箇所を使っているが、どちらが勝っているかはまだ判断できない。図に示した観測地1は標高940m、観測地2は730mで、どちらも自宅から車で25分程度であるが、両者で光害がある方向と程度が異なっている。


阿蘇外輪山の大観峰(936m)から見た阿蘇山(中央火口丘、中央から左の山)。

今日は観測地Bで午前2:48にペガスス座εから掃天を開始した。風が強くシーイングが悪い。シーイングが悪いと集中して掃天できないので、倍率を97倍 から78倍に下げることがあるが、今回は97倍で通した。午前3:30ごろに風が弱まり、急にシーイングが良くなった。集中力が増し、NGC7817 (11.8等)を捕えることができた。ペガススの四辺形の中にはこれと同程度の明るさの銀河がいくつかあるが、今日はこれ以外の銀河を捕えることができな かった。シーイングが悪いのは強風に加えてこの観測地の地形が影響しているのかもしれない。掃天の途中、C/2016 M1 パンスターズ彗星を観望した。10等級で天の川の中にある。尾は確認できなかった。

5月は観測可能な日が7日くらいはあったが、仕事が忙しくて実際に掃天したのは2日のみであった。新潟県よりも2〜3倍晴天率が高いことは間違いない。


4月15日(日)

熊本への引越し

転勤で熊本に引っ越した。このために3月以降はとても忙しく、掃天はほとんど行っていない。熊本県には西川さん、宇都宮さん、工藤さんと3名の彗星発見者がおられ、天文活動も活発である。
私の住んでいる熊本県大津町は、観測に適した阿蘇山も近い。空はこれまで住んでいた新潟県十日町市よりもかなり暗く、しかも晴天率ははるかに高い。引越しの後、落ち着くまでには時間がかかりそうだが、これまで以上に充実した掃天ができることは間違いない。

2月23日(金)

冬の悪天が続いていたが、ようやく今月初めての掃天ができた。観測地に到着してから掃天開始まで45分かかった。夏なら25〜30分であるが、冬は身支度などにどうしても時間がかかるのである。

午前3:48にへびつかい座αのラスアルハゲから掃天を開始した。午前4時頃から急に空が明るくなる。これはスキーの営業準備のためで、冬は晴れても光害 がひどい。夕方はナイター営業のために明け方よりもさらに光害がひどい。私自身もスキーヤーなのだが、周辺のスキー場の数が多すぎるのは困る。すぐに思い つくだけでも10箇数所以上ある。


上越国際スキー場。バックの山は八海山。


まつだいファミリースキー場のナイター。

掃天に話を戻そう。最初に視野に入ったのは華やかな散開星団NGC6633であった。次に視野に入ったのは9等級の球状星団NGC6760で、その北西 1.1°には13等級のC/2016 M1 パンスターズ彗星があるはずだが、見えない。光害のため、NGC6760は空の良いときに見た11等級の球状星団と同じイメージである。次に、美しい二重 星、へび座θが心を休めてくれる。主星が黄色、伴星が水色に見え、シンチレーションで生き物のように動いている。幾つかの散開星団を捕らえた後、わし座の 惑星状星雲NGC6781が視野に入る。薄明開始から23分後の午前5:21、いるか座の球状星団NGC9634を捕らえて掃天を終えた。

気温は-5℃であったが、少し風があり寒かった。ヒーター付きのズボン「直暖パンあったかパンツ」を初めて使ったが、ヒーター付きベスト「ぬくさに首ったけ」と同様に良い製品である(彗星捜索用の衣類を参照)。

1月28日(日)

1月15日(月)に今年最初の掃天を行った。この日はとても冷え込みが厳しく、掃天中の気温としては最 低の-10℃を記録した。M12から始めて、M10とM14 を捕らえたが、これ以外に視野を通過した星雲・星団はなかった。掃天を終える頃、細い月が南東の空に昇って来た。

その後、暖かい日もあったが、ここ4,5日は低温と強風が続いた。今月はもう掃天可能が日ないであろう。

10年前に、イタリアの双眼鏡ファン、パオロ・モリニ(Paolo Morini)氏から、私が所有しているロシア陸軍双眼15x110についての記事を書いてほしいと依頼があった。その記事の原文は英語であるが、モリニ 氏がイタリア語に、私が日本語にそれぞれ翻訳している。

先日、再びモリニ氏から連絡があり、彼も同じ双眼鏡を購入したという。
私のものはPNB-1というタイプ、モリニ氏のものはPNB-2である。
http://rus.telescopes.ru/product.html?cat=3

モリニ氏のものは架台の構造上、高度約60度までしか見られないので私のものを参考に改良を加えたいとのことであった。実は2016年に私の双眼鏡は改造 しており、改造前後の写真を送った。私が改造を必要とした理由は、架台9kgと筐体12kgの合計重量が21kgもあり、これを胸の高さの三脚に載せる 際、腰を痛めそうになることである。




改良したロシア陸軍双眼15x110。右の写真では、リゲルシステムのクイックファインダーとその露よけキャップ(ぶら下がっている)が見える。
方位・高度の目盛が取り付けてあるので、SkySafari などのデジタル星図と組み合わせると星雲・星団や彗星の同定が可能。ハンドルはホームセンターで入手できる手すりを利用した。

この問題を解決するため、筐体と架台を別々に設置できるようにした。筐体は取り付け金具を介してドイツ製のGR-Ercole というフリーストップ経緯台に載せ、三脚は GITZO 5型3段ロングGT5532LS に取り替えた。架台と三脚はロスマンディ規格のアリガタ・アリミゾを介して脱着できるようにしてある。これにより、組立の際に腰を痛める心配がなくなっ た。


ドイツ製GR-Ercoleフリーストップ経緯台
https://www.teleskop-express.de/shop/product_info.php/language/en/info/p4202_GIRO-ERCOLE
上記経緯台は、笠井トレーニングから、TELE-OPTIC 経緯台として販売されている。
http://www.kasai-trading.jp/gr-ercole.htm

取り付け金具 LBracket (右の写真)
https://www.teleskop-express.de/shop/product_info.php/info/p7917_TS-Optics-Optics-L-Bracket-for-binoculars-and-spotting-scopes.html



この新しい双眼鏡システムの紹介は改めて行いたい。


このページのトップへ

ホーム